大貫地区公民館

2016年01月24日

 1月22日、大貫地区公民館にて
「フランクフルトソーセージづくり講座」を開催しました。
講師は、大貫地区公民館の太田孝館長さんです。
20分ほど座学をした後、実習に入りました。
DSC02314














DSC02315














DSC02322














腸詰機械、ハンドスタッファー
DSC02323














豚の腸に棒に通します。
豚の腸に詰めたものをフランクフルトソーセージ、羊の腸に
詰めたものはウィンナーソーセージといいます。
DSC02326














まずはあらかじめミンチした肉に香辛料や塩を混ぜて味付けします。
DSC02328














DSC02331














いよいよ腸詰です。
DSC02334














DSC02337














DSC02338














DSC02340














腸詰がDSC02346済んだら、ソーセージを区切りながら編んでいきます。















DSC02350














まだまだ腸詰作業は続きます。
DSC02356














はい、こんなに出来ましたよ。さっそく、燻製器に入れます。
DSC02361














DSC02360














これから、約2時間、桜チップでいぶしながら香りをつけていきます。
その間、みんなでさくらの湯に移動し昼食。
さあ、出来栄えは~?
すご~い!
ソーセージ



















ソーセージ②



















仕上げは、殺菌のために70℃のお湯で30分ほど湯煎して完成!
ソーセージ③



















DSC02370














ソーセージは一人ずつ袋に入れてお持ち帰りしました。
DSC02379














ドイツでは普通に家庭でも作っているというフランクフルトソーセージ。
腸詰はちょっと難しかったけど、楽しい講座となりました。




【写真の掲載について】
公民館事業の様子をお伝えするために、参加されたみなさんの写真を掲載しています。
無断転載はご遠慮ください。

【広告の表示について】
広告につきましては、西古川地区公民館および西古川地区振興公議会は一切関知しておりません。
十分内容をお確かめの上広告をご覧くださいますようお願いいたします











    mixiチェック

2014年10月16日

田尻大貫地区公民館を会場にフランクフルトソーセージ作り体験を実施しました。

DSC09519
おじゃまいたします


DSC09523
身支度を整えて


DSC09530
今回の材料


DSC09531
講師は大貫地区公民館太田館長さんです


DSC09539
ブタミンチにスパイスをいれましょう


DSC09543
混ぜ作業


DSC09547
腸詰機に種を仕込みます


DSC09550
力をあわせて


DSC09589
うまくできるでしょうか?


DSC09600
編み作業


DSC09612
こんなにたくさん!


DSC09618
燻煙器で2時間ほど燻します


DSC09637
燻煙終了


DSC09643
ボイルします

DSC09644
粗熱をとって出来上がり


DSC09641
太田館長さんの手際の良いご指導のおかげで
とてもおいしいフランクフルトが出来ました。
参加のみなさんは大満足!
ありがとうございました!!
 
【写真の掲載について】
イベントの様子をお伝えするために、参加されたみなさんの写真を掲載しています。無断転載はご遠慮ください。

【広告の表示について】
広告につきましては、西古川地区公民館および西古川地区振興公議会は一切関知しておりません。
十分内容をお確かめの上広告をご覧くださいますようお願いいたします。
 


    mixiチェック

2013年11月27日

大貫地区公民館主催による「公民館研修交流会」が開催されました。
テーマは「手作りソーセージ講座」。大貫地区公民館太田館長自ら講師となってくださいました。


KIMG0457
まずは自己紹介から。和やかな雰囲気で始まりました。


KIMG0458
早速実習!
あらかじめミンチしていただいたソーセージ生地に香辛料を混ぜ込みます。


KIMG0459
どんどん手で混ぜます。

混ぜ終わったら腸詰機を使い詰め込み作業を行います。
(腸詰機の操作係をしておりましたので,写真がございません。ごめんなさい。)


KIMG0460
腸詰作業後,適度な長さに編み込む作業をしました。


KIMG0461
ソーセージ表面が濡れているので,燻製前に「予乾」を行います。
燻煙チップなしの状態でソーセージ表面に少し色がつくまで乾す工程です。
おおむね1時間程度です。
燻煙箱は太田館長の手作りとのこと。


KIMG0462
1時間後,ソーセージ表面が乾き若干色が付きました。
いよいよ燻煙。今回は桜のチップを使い1時間ほど燻(いぶ)します。


KIMG0464
燻煙後のソーセージを70度のお湯で低温ボイルします。
たんぱく質を凝固させ肉の風味を固定させる作用と,
殺菌の効果があります。

KIMG0465
ボイルアップです。


KIMG0466
仕上げ。冷水に浸し締めます。

KIMG0467
つややかでおいしそうですね!

KIMG0468
袋詰め。出来上がったソーセージは一晩冷蔵庫で寝かせると味が締まって
一層おいしくなるとのこと。

実習中は,大貫の土地柄や昔話,方言の話題や指定管理の話題と多岐にわたり,
終始,笑いの中での研修となりました。

食品を大勢で作り上げる楽しさを体感できました。
大貫地区公民館のみなさま,楽しい時間をありがとうございました。

【写真の掲載について】
公民館事業の様子をお伝えするために、参加されたみなさんの写真を掲載しています。無断転載はご遠慮ください。

【広告の表示について】
広告につきましては、西古川地区公民館および西古川地区振興公議会は一切関知しておりません。
十分内容をお確かめの上広告をご覧くださいますようお願いいたします。


    mixiチェック
貸館予約状況
貸館予約状況は ココ をクリック!
(おおむね毎週月曜更新です)
お客様数

    アクセスありがとうございます。
    おかげさまで累計アクセス数(UU)が

    H28年6月21日

    【20,000件】

    に達しました!

    累計訪問者数
    • 累計:

    カテゴリ別アーカイブ